気になるネタ帳

エンタメ・イベント・お出かけスポット関連のお役立ち情報をお届けします!

内村航平の嫁は略奪婚で超肉食系!?嫁姑バトルも?


いよいよ開幕のリオ五輪で活躍が期待されている選手の一人である体操の内村航平選手。過去には五輪や世界選手権で金メダルを13個も獲得しており、今回もメダルの数と色に注目が集まっています。しかしそんな超一流選手の結婚した奥さんとの馴れ初めや嫁姑関係には気になる噂がたくさんあります。そしてそこには元カノと、母・周子さんの息子への溺愛が関係しているとか!?噂についてまとめ、真相を検証してみました。

スポンサードリンク

内村航平選手プロフィール

151104出典:http://arcs-edu.com/

名前:内村航平(うちむらこうへい)
生年月日:1989年1月3日(27歳)
出身:福岡県北九州市
学歴:東洋高校、日本体育大学
競技成績:
2007年 全日本選手権 個人7位 ゆか優勝
2008年 北京オリンピック 団体・個人総合2位 ゆか5位
      全日本選手権 個人総合優勝 ゆか2位 あん馬2位
2012年 ロンドンオリンピック 団体総合2位 個人総合優勝 ゆか2位 等々

体操一家で育った内村航平選手

内村航平選手の家族は体操一家としてとても有名です。内村航平選手のお父さんは日体大出身の元体操選手・内村和久さん、お母さんも元体操選手の内村周子さん。内村和久さんが大学を卒業して結婚したのちはお二人とも体操の指導者として選手の育成に力を注いでおられます。そして妹さんは日体大の体操選手・内村春日(はるひ)さん。家族4人全員が体操選手なのです。

内村航平選手のご両親は、お子さんが2人産まれた後の1992年に長崎県で「スポーツクラブ内村」という体操教室を開設します。その頃内村航平選手は3歳で、両親が開設したその「スポーツクラブ内村」で体操を始めます。

しかし中学卒業後に両親の反対を押し切って長崎から上京し、元体操選手の塚原直也さんに憧れて塚原直也さんが育った「朝日生命体操クラブ」に入門します。東洋高校を経て日本体育大学体育学部に進学。大学時代には北京オリンピックにも出場。卒業後は、コナミスポーツ&ライフに入社。今や日本の体操界のエースへと昇りつめ前人未到の個人総合6連覇を成し遂げるまでの選手になっています。

2012年11月11日に一般女性と結婚し、今は2児の父でもあります。

内村航平選手ってどんな人?

内向的でマイペースな草食系男子

内村航平選手は内向的でマイペースな性格だと言われています。また恋愛に関しては、かなりの奥手で優柔不断、押しに弱い草食系男子であるそうです。たしかに筋肉ムキムキの割には内面はガツガツしたイメージはないですしね。インタビューの様子を見ていても、わりと静かな口調で淡々と話すことが多いように思います。

また、「筋トレは必要ない。筋肉は気合でつけるもの」とか、「自分の考えを絶対に変えたくない。周りに興味がない」とも発言していて、マイペースというか、自分の世界観がきっちりある人、という印象です。

内村航平選手のお母さんは、子供の頃の内村航平選手の様子として、「友達と遊ぶこともせず、トランポリンばかりしていた。心配で野球でもやったら?と言ったけれど興味も示さなかった」と話しています。なんでも小さいころから体操にしか興味がなく、今でも外でパーっとストレス発散したいという訳ではなく、練習以外はおうちで過ごす時間の方が圧倒的に長いようです。

一流アスリートという仕事柄、身体のケアが必要ですし外で暴飲暴食をするよりは、ゆっくりお家で体のケアをするのは良いのではないかなと思いますが、小さい頃から体操しか興味がないというのもなんだか徹底していますね。

体操は大好きなのに偏食だった

そして実は内村航平選手は、すごい偏食だったのだそうです。

好きな食べ物といえば、チョコレート菓子の「ブラックサンダー」。チョコレート好きは有名なようですね。日頃の食事も基本的にお米とお肉のみで、野菜が大っ嫌いなのだそうです。

インタビューでは、「好きなものを食べる」と発言していて、なんでもこれが内村航平選手のモットーなのだとか。体操選手ももちろん身体が資本なので、バランス良く野菜なども食べないといけないのではないかと思うのですが、オリンピックなどの大きな大会期間中でも、朝食にチョコプリンとか、夕食は某人気ハンバーガー店のハンバーガーという食生活を送っていたのだそうです。それでも試合では結果を出しているのですから、やはり一流選手は違いますね。

しかしそれも過去の話。大学卒業後の2011年にコナミに入社してからは、コナミの指導方針に従い、食生活を改善。今ではバランスよく食べているようにしているそうです。内村航平選手の周りの人は内村航平選手が野菜を食べている姿に驚きを隠せないそうです。時々、偏食の一流アスリートの方もいますし、時々はハンバーガーくらい食べたっていいとは思いますが、やはり長い目で見たら栄養バランスの良い食事を採った方が長期にわたって結果を出せるということなのでしょう。

内村航平選手は喫煙者だった

日本体操界には非常に多くの喫煙者の方がいるそうなのですが、内村航平選手もその一人で、喫煙していると過去に自分で話しています。アスリートのタバコの害は本当のところ体にとってはどの程度かは分かりませんが、体操は持久力を必要としないからタバコの影響を受けない、と言われているようです。普通に考えると禁煙したほうが良さそうですけど、集中力を高めるためだったり、気分転換になって好成績につながっていたのであれば、吸うも吸わないも自由かなと思いました。

なお、現在も吸っているのかは不明でした。私生活ではお子さんも産まれたので、もしかしたらそれがきっかけで禁煙したかもしれませんね。

スポンサードリンク

超肉食系の嫁は、元カノから内村航平選手を略奪?

内村航平選手と言ったら体操選手の独特なモリモリした筋肉に顔の偏差値も高いイケメン選手であり、かっこいい!かわいい!などと世間でも人気があります。しかし残念ながら(?)内村航平選手は2012年に結婚していて、奥様と2人のお子様がいるのです。かなり若くして結婚された記憶があったので、奥様との馴れ初めなどを調べてみると、内村航平選手の草食系男子に反して、奥様はかなりの肉食系女子との情報が。そして内村航平選手を元カノから奪った略奪婚だ、などと言われていることが分かりました。いったいどういうことなのでしょうか。

元カノ・岡部紗季子さんとは?2人のお付き合いについて

sakikookabe出典:http://bennu.co.jp/

まずは内村航平選手が奥様とお付き合いをする以前に、関係者の間では公認の仲であった元彼女・岡部紗季子さんについてまとめてみます。

岡部紗季子さんは1988年生まれで内村航平選手と同学年の28歳。4歳から体操を始め、内村選手と同じ「朝日生命体操クラブ」に所属していた元体操選手です。この体操クラブで2人は出会ったということですね。岡部紗季子さんもジュニア時代には輝かしい成績を収めるエリート選手だったそうです。そして2011年に明治大学を卒業後、明治大学体育会体操部コーチになっています。

内村航平選手が岡部紗季子さんとお付き合いをしていたのは、2008年の北京オリンピック(当時内村航平選手は大学2年生)の前から4年ほどと言われています。お二人は別々の大学に進学していますが、それでもほぼ大学の4年間はお付き合いをしていたということになりますね。そして2011年3月に大学を卒業し社会人になりますが、そこで2人の体操人生に大きな変化がうまれます。

前述したように、内村航平選手は大学卒業後コナミに入社し体操の腕にさらに磨きをかけていきます。このとき、2012年夏のロンドン五輪で金メダルが期待される選手であり、大切な時期でもあります。

ところが一方、岡部紗季子さんは大学卒業後に体操を引退。さらに2011年4月から2012年3月までの一年間、岡部紗季子さんはコーチングを学ぶため、カナダへ行っていたようです(1年間ずっとかどうかは不明)。「岡部紗季子さんは大学卒業後に引退して体操から離れた」という説明がネット上で多く見られますが、彼女の経歴を確認する限り、体操から離れたわけではなく、第一線の選手を退いて指導者になった、ということのようですね。

そして2011年夏ごろ、すれ違いから「ロンドン五輪が終わるまで距離を置こう」ということになったようです。岡部紗季子さんとしては、内村航平選手がロンドン五輪で力を発揮できるよう距離を置くことを決めたのだとか。

そのタイミングで登場するのが、現在の奥様、上谷(旧姓)千穂さんです。

内村航平選手の嫁は肉食系女子?

千穂さんは内村航平選手と同じ日本体育大学で体操をしていた2学年下の後輩。レギュラーを取るのが難しい日体大女子体操部でレギュラーとして活躍していて、全国大会で3位を獲るなど体操の実力があった方のようです。また千穂さんは内村航平選手の妹・春日さんと同じ学年で結構仲良しだったという情報もあります。

性格は、学生時代にはしっかりしていて後輩にも慕われるような責任感の強い女性だったそうですが、その見た目は体操選手には珍しいギャルっぽい派手な外面だった、とネットで言われています。

画像1

画像2

お綺麗ではありますが、ちょっと気が強そうな感じがしますね。

そして注目すべき情報が、千穂さんは「ずっと内村航平選手に憧れていた」のだそうです。大学生の内村航平選手はオリンピックにも出場する実力の持ち主で、人気・注目の選手でしたから、憧れを抱く後輩がいても不思議ではないですよね。

千穂さんは、内村航平選手が岡部紗季子さんとお付き合いをしていることを知っていたそうなのですが、2人が距離を置いたことから千穂さんの内村航平選手へのアタックが始まります。

内村航平選手はすでに大学を卒業していたため、体操関係の知り合いだったコナミの友人に、内村航平選手との飲み会をセッティングしてもらうよう頼んだのだそうです。そしてその飲み会で2人は再会。2011年10月ころから付き合うようになります。

そして、約一年後の2012年11月11日に婚姻届けを提出。このとき、千穂さんのお腹の中には内村航平選手との赤ちゃんがいたそうです。いわゆるできちゃった結婚ですね。

そして2013年4月に、第一子女児が生まれます。

と、このような流れから、「略奪婚」と言われているようです。

そしてその後、2015年には第二子女児が生まれていますので、夫婦仲は良好だと思われますね。草食系男子と肉食系女子で、うまくバランスよく釣り合っているのかもしれませんね。

そしてつい先日、千穂さんが初めてTV出演をしました。

画像3
画像4
画像5

なんか画像1や画像2と比べるとかなり印象が違いますね。特に画像1とこれらは同一人物に思えません。

しかも内村航平選手が「外見はのほほんとしている」とこの番組内で話していましたが、確かに少なくともネットで言われているようなイメージからはかなり違いますね。結婚のときに一切取材は受けなかったようですので、そのことから世間での注目が逆に高まって、事実とは違う情報がいくつか混ざっているのかもしれません。

さらに、「ロンドン五輪の前の年の段階で岡部紗季子さんと別れたという話を内村航平選手自身が話していた」という情報もあります。「距離を置く=別れる」という意味であることも確かにありますし、それでフリーと判断してのことであれば、奪ったわけでもなんでもないですね。ただ単に、“好きな人にアタックして見事お付き合い成功、結婚までできた!”というだけのことです。

ただ、お二人が結婚したときにてっきりまだ岡部紗季子さんと付き合っていると思っていた(単に別れたことを聞かされていなかった?)周囲は「??」となってしまい、現在ささやかれているようなスキャンダラスな流れになったのではないかと想像します。もし積極的に交際相手が千穂さんであることを周囲に話していれば、そういう展開にならなかったかもしれませんね。まあそこは余計なお世話なのかもしれませんが・・・・

いずれにしても私の感じたところでは、略奪というのではなく、タイミング的に前の彼女と別れてから比較的早い時期にアタックをして実った交際だった、という可能性もありそうです。

結婚したのはいいものの嫁姑バトルがすごい

内村航平選手のお母様・周子さんは応援するお姿がかなり目立ち、そんな試合会場での様子もしばしばカメラに映し出されるので、みなさん一度は目にされたことがあると思いますが、このお母様がなかなかのキャラクター!そして、嫁姑問題勃発!?などという記事を見かけましたので、こちらについても検証してみます。

息子・内村航平選手に溺愛が止まない!母・周子さんとは?

647dad055fbe47e01e05bb73950fbcaf出典:http://topicstrendy.com/

実は内村周子さん、50代で現役復帰していて、54歳の現在、現役の体操選手だそうです。しかも2014年のシニア体操選手権では金メダルを獲得したそうです。親子で現役金メダリストって本当にすごいと思います。体操以外でも金メダリストを育てた母として、子育て本も出版されているなど、精力的に活動されているそうです。

そしてそんな内村周子さんは、とにかく息子・内村航平選手のことが大好き過ぎで、全く子離れができていないようなのです。

その様子は、バラエティー番組「しくじり先生」にしくじった先生として周子さんが出演し、ご本人の口から赤裸々に語られました。
default_f2658bf7909eac869241e60e0303fbb8-e1446372011547出典:http://magocsi-news.net/

あるとき、息子から「もう応援に来ないでくれ!」と突き放されてしまったと明かす。当時、「なんでそんなこと言うの~!」とショックで号泣したという周子 さんだが、そんな悲しい言葉を言わせてしまったのは、自身が子育てをしくじっていたことが原因だったと分析する。そのしくじりとは、「息子を溺愛しすぎて 1ミリも子離れできなかったこと」。周子さん航平選手を愛するあまり、過剰に干渉し、世界を舞台に闘う息子にストレスを与えていたのだ。
引用)http://www.oricon.co.jp/

このあるとき、というのは内村航平選手が大学生のとき、北京五輪後なのだそうです。きっとあまりの母の溺愛ぶりに、内村航平選手は我慢の限界だったのかもしれませんね。なんでも、試合会場でもひときわ大きな声で応援をしたり、内村航平選手の幼少時には切った髪の毛や爪まで集めていたというエピソードも話していましたが、どれも思春期真っ只中の内村航平選手にとってはどれもつらかったであろうなと思われるものばかりでした。

そして、

このころ内村と周子さんの距離が離れていく。遅い反抗期だった…。内村は雑誌やテレビのインタビューで、周子さんのことを「うざい」「なんかよく喋るし、むさいし、最も嫌いなタイプ」などと公言するようになる。
引用)http://www.news-postseven.com/

その後は、あまり息子に干渉するな、という周りのアドバイスもあって、少し息子との距離をおいたことで、徐々に親子関係は改善していったようです。

しかし息子との距離感は変えられても、溺愛っぷりはそう簡単には変えられませんよね。そしてもともと自分を溺愛しすぎて子離れできない母親を「うっとおしい」と言っていた内村航平選手ですが、結婚してからというものの、母と子の間の溝は深まる一方だったようです。

母・内村周子さんのライバルは嫁!嫁姑バトルエピソード

内村航平選手の結婚にも母・内村周子さんは猛反対したそうです。まだ若いから、ということだったそうですが、本心としてはまだ息子をとられたくなかったということのようです。しかもでき婚ですから、溺愛母としては受け入れがたい事実を突きつけられたという感じだったと思われます。

結局は内村航平選手のお父様に説得され、しぶしぶ認めるのですが、やり場のない怒りの矛先は、妻・千穂さんへと向かいます。きっとお嫁さんがどんな方でも大反対だったのでしょうが、お嫁さんの立場からすると、前途多難という匂いしかしませんね・・・・・。

あるとき、千穂さんは子供を連れて内村航平選手の試合の応援をしにいったそうですが、とあることがきっかけで嫁姑バトル!?と言われてしまいます。

「A子さんは体操の試合会場には似つかわしくない露出度の高いギャルっぽい服装にピンヒールでした。そんなA子さんを避けるように周子さんは少し離れて応援していました。ほとんど会話もせず、終了後も別々に帰っていきました」(スポーツ紙記者)

「A子さんも元体操選手ですから、試合会場がどういう場所かわかっているはず。それなのに、ピンヒールなんて目立つ格好でやってきたことに腹が立ったみたいですよ。とにかく航平くんを取られたという思いが強いから、奥さんがやることすべてが気に食わないんでしょうね…」(内村家の知人)
引用)女性セブン2013年10月24・31日号

この話が事実だとすれば、「とにかく航平くんを取られたという思いが強いから、奥さんがやることすべてが気に食わないんでしょうね…」というのがすべてなのだと感じます。実際どれだけ試合会場に似つかわしくない恰好だったかは分かりませんが、きっと仮に完璧な恰好をしていたとしても難癖つけてしまうのでしょう。息子を溺愛する母親は、一般的にもそういうものではないでしょうか。

そんな中、当の内村航平選手はどうしているのかというと、「火に油を注ぐ」ような発言をしています。

去年11月の世界選手権で団体・個人で金メダルを獲得し帰国した内村航平選手。出演したとある番組でこのように発言しています。

内村の母・周子さんが「いちばん食べたいものはなんですか?唐揚げとかハンバーグとかカレーライスとかグラタンとか、たくさんありますが、好きなものをなんでもつくってあげたい」とビデオレターで呼びかけたことに対して、内村が「いちばん食べたいもの?そりゃ奥さんの手料理です」とコメントしたのだ。
引用)http://www.news-postseven.com/

内村航平選手の本音なのでしょうが、溺愛母の奥様への嫉妬が最高潮に達すること間違いなしです。

しかし現在ではお孫さんの誕生で、内村航平選手からお孫さんへお母様の関心がうつり、息子への依存は前よりは減ったようです。去年は2人目のお孫さんも誕生したことですし、このまま“息子離れ“が進めば、嫁姑バトルなんて言われなくなるのではないかと思います。そして内村航平選手ご自身も父親になり親の気持ちも良く分かるようになったはずですから、今後はもう少し母の愛情も(受け止めなくても)理解できる部分はあるのではないかと思います。

そして、2016年5月、内村航平選手のお父様がこう語られています。

「昨年(周子が)出演した『しくじり先生』で、息子に『もう応援に来るな』と言われてしまったエピソードを明かしたこともあって、確執とか言われているようです。確かに、独立していく息子にあまり親がしつこく接していれば嫌われるでしょうが、(周子と)航平夫妻との確執なんてないですよ。周子も東京に応援に行ったときには、孫たちに会っていますし……」
引用)http://jisin.jp/

いよいよ開幕するリオ五輪でも、会場でひときわ大きな声で応援する母・周子さんと、もしかしたら奥様やお子様たちの姿も見られるかもしれませんね。

まとめ

先月20日にリオへと飛びたった日本代表体操選手の一人エースの内村航平選手は、「日本中の皆さまの期待を力にかえて、団体金メダルを目指して頑張っていきたい」との意気込みを見せていました。プライベートではまだまだ母・周子さんとの距離感や、嫁姑関係などで不安定な部分はありそうですが、五輪本番では、是非とも本領を発揮してメダルを獲得していただきたいですね!応援しています。


スポンサードリンク

-人物